冬に着るパーティドレスの選び方

結婚式はもちろんクリスマス新年など、冬場は最もパーティーが多くなってくる時期です。
しかしどんなに寒さが身に染みる季節でも、格式張ったパーティーにはドレスで参加しなければなりません。
この記事では、冬場に着るドレスの選び方のポイントを、いくつかご紹介していきたいと思います。

 

冬に最適なドレスの素材

  • ベロア素材
  • ジャガード
  • ベルベット素材
  • サテン素材

まず冬におすすめなのが、これらの素材生地が使われているドレスです。
ベロアベルベット光沢を持つ素材のひとつで、優雅で気品溢れる仕上がりのドレスにしてくれています。
ジャガードという生地は、厚めでしっかりした作りになっており、寒い日にもってこいの素材となっています。

 

逆にNGな素材は?

冬と言えばニットコットンを用いたドレスが良いと思われるかもしれませんが、これらの素材は格式高いフォーマルな場ではマナー的にも宜しくありません。
また、夏と同じドレスを着ている方はシフォン素材に要注意。
マナーとしては問題ありませんが生地が薄く風通しが良いので、冬場は自分が寒いのはもちろん、見ている側にも寒そうな印象を与えてしまいます。
緩やかで可愛らしいデザインが多い夏場のドレスですが、冬場は控えた方が得策と言えるでしょう。

 

 

色は暖色系がおすすめ

人間の脳とは不思議なもので、ブルー系の水や氷を連想させる色は、見ているだけで寒さを感じてしまいます。
一緒にパーティーに参加している方達に不快感を与えないように、オレンジ系統の暖色を選んだ方が無難と言えるでしょう。

 

ボレロはドレスとセットの必須アイテム

パーティーはずっと室内という訳ではありません。
長袖のボレロを羽織ってしっかりと暖をとりましょう。
防寒という意味ならジャケットタイプもおすすめです。
また冬と言えばファーを身に付ける方もいるかもしれませんが、結婚式などのフォーマルな場では非常識となってしまいます。
成人式や謝恩会など、適した場で利用するようにしましょう。

 

おすすめのレンタルドレスサイトや利用手順、ドレスサイズの選び方などについてはトップページへどうぞ。