パーティードレスセットアップの基本

歳を重ねるにつれて多くなってくるのが結婚式への参加です。
この場合我々参加者はパーティードレスを選び着用して行く事になるのですが、気になるのは全体のセットに関するマナーについてです。
ドレスは良くてもアクセサリーや足元が常識から外れていると、周りからどんな目で見られてしまうか分かりません。
ここでは、ゲスト参加者に相応しいドレスや靴などのポイントについてご紹介していきたいと思います。

 

結婚式に相応しい最適なドレスは?

基本的な服装は「ワンピースドレス」になります。
昼間の披露宴なら、なるべく露出度の低いドレスを選ぶようにしましょう。
スカートの丈は膝くらいまでが理想的です。

 

こういうドレスは絶対NG

  • ドレスの色が白色
  • 結婚式のメインは花嫁さんです。
    写真を撮る際に白に見えてしまう可能性のあるクリーム色などの白色に近いドレスも避けるようにしましょう。

  • 全身真っ黒&リクルートスーツ
  • 喪服を連想させてしまい不吉な印象を与えてしまいます。
    花嫁を立てつつ華やかな衣装を意識するようにしましょう。

  • 毛皮などの素材を用いたドレス
  • 毛皮などは殺生を連想させてしまうようです。
    食事にも毛やほこりが飛び散る可能性も考えられるので、正式な場での服装としては相応しくありません。

 

最近ではパンツスタイルもOK?

基本はワンピースですが、膝丈となると年齢的に恥ずかしさを感じる方も出てきます。
そんな方に朗報!
最近ではパンツスタイルのドレスで出席する方も多くなってきました。
ワンピースと同じ注意点に気を付けつつ、適度な華やかさを意識したドレスを選ぶようにしましょう。

 

昼間に合わせるアクセサリーはシックなものがおすすめ◎

例としてはパールのネックレスなどが挙げられます。
ゴールドなど光の強いアクセサリーを昼間に身に付けると、写真撮影時に反射して一緒に映っている周りの人の写真映りにも影響を及ぼしてしまう可能性があります。
夜の披露宴なら少しゴージャスなアクセサリーでも問題はありませんが、昼〜夜にかけて行う場合はやはり光沢を抑えたパール系が最も万能なアクセサリーと言えるでしょう。

 

バッグは小ぶりのものを選びましょう

昼も夜も大きすぎるバッグはNGです。
スマホや貴重品ハンカチやポケットティッシュなど必要最低限の物だけ入れられるようなバッグで式に参加するようにしましょう。
ホテルなどで行われる場合、大きいバッグは基本カウンターで預かってくれます。
この際貴重品だけは預かってもらえないので、長財布を普段から持ち歩いているという方は小ぶりな財布に入れ替えておいた方が得策と言えるでしょう。

 

どんなバッグがおすすめ?

昼間は光沢の強いゴージャスなものは避けパールなどの素材が使われているものを、逆に夜は光をメインとした素材のバッグを選ぶようにしましょう。
色に関しては、バランス良く見せるために靴や羽織と同じような色合いのものを選ぶのが良いとされています。

例:昼に最適なバッグ

例:夜はゴージャスに

靴の基本はパンプス

ヒールは基本的に3cmくらいが理想的とされています。妊娠中の場合は例え低いヒールでも転倒の危険性があるので、平らな靴を選ぶようにしてください。高すぎたり足の露出が激しいサンダルタイプやミュールなどは、正式な場では相応しくないので注意しましょう。

 

またストッキングはベージュが基本です。ドレスでも触れていますが黒は良い印象を受けないので、控えた方がいいでしょう。出来れば肌色に近い物が理想的ですが、足に傷があってどうしても出したくないという時は少し濃いめのベージュなどがおすすめです。基本的に黒はNGですが最近は比較的気にしない方も多いようなので、一度新郎新婦さんに相談してみるのもいいかもしれません。

 

おすすめのレンタルドレスサイトや利用手順、ドレスサイズの選び方などについてはトップページへどうぞ。