卒業式のドレスと保護者が着る服装について

大学生の卒業式ともなるとさまざまなスタイルで出席する方が目立ちますが、女学生で最も多いとされているのがになります。
神社などで勤める事のない限り袴を着る機会は滅多になく、一度しか着れないという概念が人気の高い要因にひとつと考えられます。
しかし中にはドレスで出席する学生さんの姿も見かける事があります。
かなり少数ではあるようですが、謝恩会に向けて着替える手間もなく今後結婚式の招待が増える事を考えるとドレスという選択肢も間違ってはいないのでしょう。
しかし大学によってはある程度の規則を設けており、華やかになりすぎないよう礼服の着用を義務付けているところもあるようです。
この辺りは大学側と相談した方がよさそうですね。

ドレスを着て出席する場合は厳粛な卒業式という場である事を忘れずに、肌の露出が激しいドレスなどは控えるようにしましょう。

ドレスは謝恩会と同じもので大丈夫なので、こちらのページをご参考ください。

謝恩会のドレスに最適なのは?

子供の卒業式!保護者が着るのに相応しい服装は?

卒業式のドレスで困るのは卒業生ご本人だけとは限りません。

式を見届ける保護者の方も 場に合った服装で参加する必要があります。
そこで、学校関係者や保護者が着るのに相応しい服装についてまとめてみました。

教師や校長などの

学校関係者

上品な和装(訪問着)
セミアフタヌーンドレス

保護者

スーツやワンピース

卒業式に着る基本の服装はセミフォーマルになり、スーツワンピースはこれに該当します。

あくまで保護者はシンプルに、清楚なイメージを持たれるような格好で出席する事がポイントとなってきます。
派手なアクセサリーはもちろんNG。
肩付近にコサージュなどのワンポイントアイテムをつける事で、上品な華やかさを演出します。

 

卒業式のメインは子供達です。
厳粛な場の雰囲気と外れた格好で悪目立ちしないように、適したコーディネートで出席する事を心掛けましょう。

 

おすすめのレンタルドレスサイトや利用手順、ドレスサイズの選び方などについてはトップページへどうぞ。