フォーマルな場で着るドレスの特徴

フォーマル最も格式の高い場での着用が相応しいドレスの事で、新年などの行事に皇室の方々が身に付けている洋装がこれに該当します。
一般的に見るのは、結婚式における新郎新婦とそのご親族の方々といったところでしょうか。
昼と夜とでドレスの雰囲気がガラリと変わるのも特徴的です。

フォーマルドレスの種類

昼はアフタヌーンドレス

現在では午前中から午後にかけて、日が出ている時間帯に着用するフォーマルドレスをアフタヌーンドレスと言います。

長袖のワンピース型が基本で首回りが開く事もなく、肌の露出を控えめにするのが古くからの習わしです。
スカートの丈は膝下からくるぶしくらいの長さのものがありますが、長めのドレスの方がより品の良い着こなしをする事ができます。

夜はイブニングドレス(ロングドレス)

18時以降の時間帯に着用するのが相応しいドレスで、海外では観劇晩餐会などで用いられる洋装となっています。

アフタヌーンドレスと比較して肌の露出が多く、胸や背中が見えているのが特徴的。
スカートはくるぶし丈から足先まで隠れてしまうくらいのロング丈が基本で、長いもので地を引きながら歩くタイプのドレスもあります。
ここまで長いと、日本で着る機会はあまりないでしょう。

 

日本では基本的にセミフォーマルな衣装で赴く事が多く、特別な方々以外で格式の高いフォーマル衣装を着る事は滅多にありません。ネットでフォーマルドレスとうたって販売している多くは、セミフォーマルと認識しておいた方がいいでしょう。

 

おすすめのレンタルドレスサイトや利用手順、ドレスサイズの選び方などについてはトップページへどうぞ。