パーティドレスの配色の基本

年に数回着るか着ないかのパーティドレス。
いざ自分でコーディネートして着てみたら違和感を感じた、という話をよく耳にします。
実はその違和感は、配色が関係しているかもしれません。
パーティードレスに羽織やアクセサリーなどを合わせる時は、基本的な配色のルールに沿った色合いのものを合わせていく必要があります。
この基本を守ったコーディネートをするだけで、よりまとまりのある上品な印象を生み出す事が出来るのでぜひ覚えておきましょう。

 

コーディネートの基本は3色

実際にドレスを着ている方達を見ていると分かると思いますが、美しい着こなしをしている割に色合いは非常にシンプルになっています。
それもそのはず。
ドレスコーディネートは3色で成り立たせるのが基本的なルールとなっているからです。
と言ってもドレス・アクセサリー・バッグ、全てが同じ割合の配色では色がぶつかりすぎてごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。
まずは以下の割合を参考に、配色を組み立てる事がポイントのひとつです。

 

ドレス
(メインの色)

70%

羽織りやバッグ、靴など
(メインの色に合わせて)

20〜30%
アクセサリー・靴・バッグなど 10〜20%

 

 

メイン色(ドレス)以外は2:1の割合で組み合わせるのが理想的

例:ネックレス・バッグ→ベージュ
  靴(パンプス)   →ブラック

 

色に関してはあくまで一例ですが、上記のような割合で組み合わせると全体的にバランスのとれたコーディネートに仕上がります。
羽織がついているドレスの場合は3:1の割合を基準に色を決めていきましょう。
身に付けているアイテムが多い場合は、バッグボレロなど面積が広く目立つものを中心に色を決め、ネックレスなどはそれらと似たような配色のものを選ぶようにしましょう。
ドレス自体は単色が基本なので、色が被らないように気を付けてください。

 

アクセサリーを一度全部つけてみる

アクセサリーは多すぎても少なすぎてもバランスが悪くなるので、難しいところです。
イメージだけではどうしても足りない部分もあると思うので、そういう時は一度全部つけてから1個ずつ外して色合いのバランスを確認していくのがいいでしょう。
少々面倒かもしれませんが、式当日にバタバタするよりも事前に調節しておいた方が余裕を持って出かける事ができます。

 

以上がコーディネートをする際の、基本的な配色ルールになります。
一見複雑そうに見えますが、ポイントは3つ。

  1. 3色でまとめる事
  2. 2:1の割合で組み合わせる事

    (※羽織付のドレスは3:1、もしくは2:2でもOK)

  3. 実際にアクセサリーをつけて調節する

これだけです。
配色ルールを守るだけでも全体の印象が大きく違ってくるので、コーディネートに不安のある方はまず色の基本を抑えておく事をおすすめします。

 


おすすめのレンタルドレスサイトや利用手順、ドレスサイズの選び方などについてはトップページへどうぞ。