成人式にドレスは有り?洋装時のポイント

20歳という節目に行われる人生で一度きりの成人式。
ほとんどの方が華やかな振袖を身に付けて、式に出席していると思われます。

 

しかしその中で、ドレスを着て成人式に参加している女性の姿も最近ではよく見かけるようになりました。
ドレスは振袖のように圧迫感なく着る事ができるので、妊娠中という方も式への出席を諦める事なく一緒に衣装選びを楽しむ事ができます。
ではどのようなドレスを着ればいいのか、ポイントをまとめていきたいと思います。

 

成人式に着るドレスはセミフォーマルが理想的

成人式は基本的に昼間に行われるので、アフタヌーンドレスを基準にまず以下のポイントを抑えておきましょう。
  • 肌の露出は控える
  • スカートはミディアム丈からロング
  • シフォンやレースなど光らない素材
  • ヒール(パンプスなど)
  • 光が反射しないアクセサリーをつける

    (パールなど)

基本的には、結婚式に招待された時と同じドレスを選ぶといいでしょう。
出来れば袖のあるドレスが理想的ですが、フォーマルなドレスはノースリーブのものが多いのでボレロファーなどを羽織って肌を隠すようにしましょう。

 

またアクセサリーはパールが必須という訳ではありません。
あまりにキラキラしたものだと会場内の照明で反射して目によくないので、なるべく品の良さを意識した物を選ぶようにしてください。

 

おすすめのレンタルドレスサイトや利用手順、ドレスサイズの選び方などについてはトップページへどうぞ。