祝賀会に相応しいドレスとは?服装の注意点

祝賀会はその名の通り、特別な出来事に対しての祝いの場となります。
学生時代からお世話になっている恩師や上司など、特に大きく催される場合は心からの敬意と祝福の気持ちをこめてパーティーに出席する必要があります。

 

どんなドレスなら失礼に当たらないだろう?


パーティーが行われる場所によっては、あらかじめドレスコードが指定されています。
ドレスコードの指定がある場合は、その指示に従いましょう。
基本的にフォーマルアフタヌーンドレスイブニングドレスなどが、これに該当します。
特に決まった指定もなくスーツでも良いと言われた場合でも、控えめなセミフォーマルドレスくらいの華やかさは意識して選んだ方がいいでしょう。
とにかく場の雰囲気に合わせる事が大切です。

 

平服と記載されていた場合は?

祝賀会のお知らせの中には、「平服でも可」というような指示が記載されている事もあります。

平服とはインフォーマルの別名で、比較的ラフな格好での参加が可能という意味合いになります。
しかし、ラフと言っても決して普段着で良いという訳ではありません。
あくまで「フォーマルほど整ったドレスじゃなくてもいい」という意味なので、例えばワンピースドレスなど日常的に着る事のないおしゃれな衣装を着用して、参加するようにしましょう。

 

お祝いの席で黒色はNG

祝賀会はもちろん結婚式や二次会の席など、基本的に黒色がメインのコーディネートはお祝いの席では相応しくありません。
まず色からドレスを決めるなら、水色などパステルカラーがメインとなっている衣装を選ぶといいでしょう。
結婚式の席とは違うので、白色でもいいですね。

 

中には柄入りのドレスもありますが、あまりに派手すぎると会場で浮いてしまい悪目立ちしてしまう可能性もあるので、無難に無地のドレスを選ぶ事をおすすめ致します。
また、立食式の祝賀会がある事も考えると動きやすさも考えたドレス選びをした方がいいでしょう。

 

おすすめのレンタルドレスサイトや利用手順、ドレスサイズの選び方などについてはトップページへどうぞ。